立ち上がるたびにズキっとくる痛み

かれこれ何度ぎっくり腰をしたか分かりません。

初めてぎっくり腰をしたのは、23歳頃でした。もともと足首が体のバランス比べて細いので、足首を捻ったり、くじいたりしていました。仕事もマッサージをする職業でしたので、何時間も立ったままだったり、きちんと体の休息が取れていませんでした。

そんな中、職場に届いた段ボールの重い荷物と軽い荷物を運んでいたら、急に腰周辺に鈍い激しい痛みが走りました。あれ?と思い立ち上がってみようと試みても、腰が立たず丸めた状態から動けませんでした。仕事中だったので、周りの職員も急に倒れた私にびっくりしていました。どうにもこうにも、その場から動けなかったので、横になり救急車を呼んでもらいました。

救急隊が来て、担架に乗せてもらって病院へは搬送されました。診察を受けましが、ぎっくり腰との診断でした。とにかく安静にしておくのが一番だと言われましたので、3日間お休みをもらいました。

ぎっくり腰の体験談を聞いた事がありましたが、ここまで辛いものとは想像もしていませんでした。普段何気なくしている行動が、全くできません。トイレに行って用を足すのも、寝返りをうつのも、洋服を着替えるのも、後ろを振り返るのも、ご飯を食べるのも、どの行動をするのにも、いちいち鈍痛が走り、行動も異常なくらいゆっくりしないと出来ないのです。

この初めてのぎっきり腰の時が、一番酷い痛みと症状でした。

1年に3回くらい、忘れた頃にぎくっとくるのですが、回数を重ねる毎に対応が上手くなってきている気がします。